社会人の恋愛は難しい?うまくいかない原因3選

学生の頃は毎日ラブラブだったのに、社会人になってからすれ違ってばかりでつい、ケンカをしてしまう…。その原因はなんでしょうか。

パートナーの仕事に理解がない

急な残業や、どうしても抜けられない会議など、社会人にはイレギュラーなことはつきものです。それに対して過度の謝罪を求めたり、すねたりするのは、ただ、二人の仲がこじれるだけでうまくいきません。約束を守りたくても守れないことがあるのはお互い様です。理解しようとする姿勢がなければ関係改善は難しいでしょう。お疲れさま、とねぎらって、次に会える日を楽しみにできるようにしましょう。
 

悪口が多くなる

せっかく会ったのに、仕事の話ばかりでつまらない、口を開けば上司や取引先の悪口ばかり。環境が以前より窮屈になったと感じ、パートナーの前では甘えてうっかり愚痴ばかり、という人は要注意です。お互いに社会人になってたくさんの人と出会い、成長しているので、そんな部分を”幼稚”だと受け取られることもあります。せっかく特別な「恋愛関係」にある二人が親密な時間を過ごすのですから、話題はほかにもたくさんあるはすです。難しい話を、ということではなく、相談ならまだしもですが、単なる悪口は言っている人を醜悪に見せるものでもあるので、恋愛がうまくいかない原因にもなります。
 

私服に注意!

仕事が終わったあとの合コンなどで知り合い、意気投合して恋愛に発展、というケースもありますよね。仕事終わりに会ってばかりいたから、スーツ姿などしか見たことがなかった場合など、私服で会ったらセンスが違いすぎて幻滅してしまった、なんて、社会人ならではの「うまくいかない恋愛」で意外と高い位置を占めるのが私服の好み。スーツ姿は素敵だったのに私服では…、と幻滅したりされたりといったことがあるので、それとなく持ち物や趣味から服装の好みなども知っておきましょう。素敵だけど、並んで歩くには釣り合わないファッションもありますので、社会人の恋愛にファッション感は大切です。さりげなく雑誌を見たり一緒にお買い物に行ったりして、解決できることもあるはずなので、自分の趣味を押し付けることはやめましょう。

社会人になると出会う場面も違いますし、仕事をテキパキこなす姿にときめくこともあるでしょうが、恋愛は私生活にも関わることなので、お互いの仕事もプライベートも尊重しなければなりません。お互いに歩み寄っていけないのなら、それがうまくいかない原因かもしれません。歩み寄る努力や、お互いを知る努力で、うまくいかない恋愛を素敵な恋愛に変えていきましょう。